トイレにこだわることで

風水では、トイレにこだわることで全体の運気を上げることができると言われています。風水では、トイレを清潔に保つことがとても大切だと言われています。トイレは鬼門と言われているので、清潔に保つことはとても大切なことなのです。風水では、トイレにカレンダーを飾るのは良くないと言われているのをご存知でしょうか?私も以前はトイレにカレンダーを飾っていたのですが、風水の本を買って読んだら、トイレにカレンダーを飾るのは良くないと書いてあったので、すぐにカレンダーを撤去しました。トイレの風水にはいろいろなルールがあります。例えば、風水ではトイレの方角によって色を決めます。我が家のトイレは東にあり、東のトイレには水色が良いと書いてあるので、トイレに水色の時計を飾っています。風水では、トイレの方角によって色がいろいろと決められているので、自分の家のトイレの方角による風水を見てみるのもいいかもしれませんね。また、風水では、トイレに絵を飾るのは良くないと言われています。特に家族の写真は鬼門であり、体内の不要なものを排出するトイレに飾ることは健康を害すると言われています。

風水とお財布 黄色の財布は風水的に良いと言われているのをご存知でしょうか?ただし、財布には金運を上げる財布と下げる財布があります。風水では黄色い財布は金運を上げると言われていますが、赤い財布は金運を下げると言われています。黄色い財布に抵抗がある方は、黒い財布を検討してみてはいかがでしょうか。では、財布の形は風水と関係があるのでしょうか?財布の形はいろいろありますが、二つ折りの財布と長財布のどちらがいいかというと、風水では長財布が金運アップにつながると言われています。お札を二つ折りにするのではなく、そのままの形で入れられる方が良いようです。風水を意識して財布を選ぶなら、赤い財布は大金の出入りが激しいと言われているので、赤い財布は選ばない方が良いでしょう。また、青い財布もあまりよくありません。

風水を考えるとき、私たちはよく色について考えます。風水で赤色は、仕事運や健康運に関係すると言われています。また、決断や期待という意味もあるので、風水的に赤色を活用する場合は、何か迷っているときに赤いものを持つと良いとされています。では次に、風水で青色はどのような意味を持つのでしょうか。風水で青色は、負けない、冷静、タイミングなどの意味があると言われています。また、安眠を意味するとも言われています。そのため、風水の青は、痩せたい人や不眠症の人にはいいかもしれませんが、仕事での才能を高めるなど、熟睡できる力があるのだそうです。風水では、誰もが知っているように、黄色は金運や銭運を表します。風水で黄色を使う場合、西の方角に黄色のインテリアや物を置くと、金運アップにつながると言われています。最後に、風水における緑色を紹介したいと思います。緑には安らぎや健康といった意味があるので、風水で緑を使うなら、リラックスしたいときに緑を身につけると気持ちも落ち着きますよ。